FC2ブログ

かいたりかいたり

芙美代の描くメランコリックでメルヘンチック少女画の絵ブログ●HP⇒http://web.mac.com/fuxyosable/iWeb/

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

竜胆と少女~四畳半にて、出会い~

竜胆と少女~四畳半の出会い~
今年も残すところ八週間となってしましましたね。
あああああああ十月に完成させる予定が間に合いませんでした。。
しかしながら今回はいつもより大きいB3サイズのパネルにぎっしり絵を描いたのです。
とてもお気に入りの作品ができました!
実はこの絵、とあるアングラ企画のお誘いを受けまして寄贈させて頂いたのです。
企画のキーワードは「りんどう」
詩を頂いたのでそこから自分なりのインスピレーションで世界を広げてみました。
あらやだ私ったら真面目!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【いつから、ここにこうしているんだったか。
もう、数えることも忘れた。

床の間の一輪差しに、釣鐘のような紫の花が天を仰いでいる。
あの人が、活けていた。
あでやかな大輪の花でなく、ひっそりと野に咲くようなその花の風情が、この小さな部屋には似つかわしい。
すぐに枯れてしまいそうに見えて、けれど、まだしゃんと背筋を伸ばして、花をつけている。
なんて名前だったっけ。
あの人が教えてくれたはずなのに。
そこに座って、花の名を告げたあの人の、穏やかな横顔だけはこんなにはっきり覚えているのに。
花を飾るなんて今までなかったから、どういう風の吹きまわしかと訊ねても、別に、とはぐらかして笑うばかりだった。
僕は、その笑顔の奥に秘めた気持ちに気づきもしないで、ただ隣で一緒に花を眺めるばかりだった。
その気持ちは、今もわからないままで・・・。

外の気配に耳を澄ます。
あの人は、いない。

この花がしおれる前に、あの人は戻ってくるだろうか。
何の約束もないまま、花一輪だけ残して消えて、僕だけがここに独り。
それでも離れられずにいるのは、あの人と繋がっているのはここだけだから。
僕がここからいなくなったら、あの人は僕を見つけられなくなってしまう。
だから、あの人が残した花と一緒に、ここにいる。
けれど、僕ひとりには、この四畳半すら広すぎる・・・。

そんなことをつらつら考えているうちに、いつしか寝入っていたようで、鼻をついたかすかな香りにふっと意識が覚醒する。
懐かしい、香りだ・・・。

目を開けて、そのまま息が止まった。
すぐそこに、あの人が座っていた。
いつから、と訊ねようとして、とっさに声が出ない。
両手いっぱいに抱えた紫色の小さな花の色がやけに鮮やかで、それに顔を埋めるようにして黙って僕を見下ろしている。
戻ってきていたなら、起こしてくれれば良かったのに。
そんな恨みごとひとつ口にできなかったのは、きっとそのまなざしのせい。
僕の姿をさかさまに映したその黒い瞳が、深い哀しみをたたえているようで、触れたら壊れてしまうんじゃないかと思うほど。

りんどう。

ふいに、あの人の声が耳に甦った。
あの日教えてくれた、花の名前。

その花が、ゆっくりと僕の方へと差し伸べられる。
紫に視界を遮られて、あの人の姿を見失う。
かすかに触れた、ぬくもり。
そして。
ごめんなさい、と声が聞こえた気がした。


不意に、強い風が吹き込んできた。
ばらばらと雨の音がした。
はっとして起き上がる。
見ると、風にあおられて窓がほんの少し開いていて、雨が吹き込んできている。
あんなに鮮やかだったりんどうの花もなく、残るはただ、窓から吹き入る雨と風ばかり。
あの人の姿もない。
かすかに残るのは、花の香りか、それともあの人の・・・。

床の間を見る。
一輪差しに飾られた花が、くったりとこうべを垂れていた。
笹のように先の尖った葉に置いた露が一粒、するりと流れて落ちた。

ああ、もうあの人はいないんだ。
ふいに僕は理解する。
いくら待っても、もう、どこにもあの人はいない。
ここに、心だけ残して。
たぶん、それが、この花。

花ことば。
悲しむ君が好き。

こんな風に消えられたら、僕はきっと、あの人を忘れられない。
あの人を失ってぽっかり空いた心の穴を抱いたまま。
そうなることを知っていて、きっとあの人は姿を消したに違いない。
自分のことを、忘れて欲しくなくて。
そんなことしなくても、忘れるはずもないのに。

一輪差しから、萎れたりんどうの花を抜き取ってみる。

この四畳半、りんどうの花で埋めてみようか。
あの人が両手いっぱいに抱えてきたよりも、もっとたくさんの花で。
そうしたら、あの人はまた戻ってきてくれるかな。
僕と、あの人と、りんどうの紫にうずもれて。
そんなのもきっと悪くない、と、僕は束の間、夢を見た。】

企画に参加するというのは新たな発想のきっかけになって面白いです。
これから面白企画色々参加してみたいな!
お誘い随時受け付けてますの!

スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

 

なんかめちゃ切ない詞だね('`)好きだわ。
  • ちゃー 
  • URL 
  • at 2010.12.01 21:01 
  • [編集]

ちゃー 

ね!良い詩を提供してくださった詩人さんのお陰で良い作品ができたよ^^

  • 芙美代 
  • URL 
  • at 2010.12.18 04:19 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【竜胆と少女~四畳半にて、出会い~】

今年も残すところ八週間となってしましましたね。あああああああ十月に完成させる予定が間に合いませんでした。。しかしながら今回はいつもより大きいB3サイズのパネルにぎっしり絵を描いたのです。とてもお気に入りの作品ができました!実はこの絵、とあるアングラ企画?...

Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。